白昼堂々航行中

味方は愛と限りある時間

今さらながら「サマー・ステーション」について語る

キンプリ表記がほぼ消滅した今、何を言ってるんだ!すでにキンプリ亡霊気取りかお前は!しかも季節は冬だぜ!と完全アウェイな状況ですが、彼らがMr.King vs Mr.Princeとして活動してたことが消えたわけではないし、そもそも私がハマるのがとても遅かったので(リアルタイムで追いたかったよ)、構わず今の気持ちを記録します。
以下、" "で括りかつグレーで表してる文は「サマー・ステーション」(2015年発表 作詞: Komei Kobayashi 作曲: 馬飼野康二)より引用させていただいております。

初めてサマー・ステーションを見たのは8月の少クラだった(参照:平野くんにハマった過程を追想するセルフドキュメンタリ - 白昼堂々航行中)。このときがキンプリの初見でもあり、グループ結成の経緯すら知らなかった私は正直「なんだこの曲?」とはてなをたくさん浮かべていた。だけど、彼らの溢れ出るキラキラに惹かれて徐々に気になり始めた私は、雑誌やネットでレポを漁り、状況を把握していき(これがもうちょっと早かったらMステ観れたのにね…)、今ではこんな文章を書き始めるほど大好きになった。もう何回も再生している(特に平野くんのブイエッスポーズがクロスされた回)。

グループ名がこれでもかと連呼されたり、それぞれメンバーのソロ割がツボだったり(特に髙橋海人くんの伸びやかな歌い方が活きていて好きです)、てんこ盛りのアクロバットだったり(雑誌レポ見てると平野くんが廉くん海人くんをぐるぐる回す技ってもともとBOUNCE TO NIGHTでやってたものなんですかね?)、それをやった後に平然とソロ歌い始める平野くんだったり、仁王立ちで地面を指差す振りの平野くんの堂々たる様だったり…細かく挙げれば好きなところはたくさんあるけれど、大きく捉えれば「意味がほとんどない(けど意味ありげに聴こえる)こと」そして「その意味がほとんどない曲を彼らがパフォーマンスしていること」という2点が自分のツボなのだろうなと考えていた。

そもそも、この曲はとあるイベントのための曲であり、歌っていることを一文でまとめるという暴挙に出れば、「サマーステーション来てね♡」となるだろう。潔い。さらに、もう一文付け加えるならば「"We are Mr.King vs Mr.Prince"」だろうか。なんだか、タイトルやら主人公の名前やら必殺技名やらが盛り込まれたちょっと懐かしのアニメ主題歌のようでもある。だいたいのCMのタイアップ曲だと、関連するような言葉が織り込まれていても、切り離してその曲だけ聴いたり観たりしたときにひとつの曲として物語だったりテーマだったりが読み取れる、ってことが多いと思うけど、この曲ではとても難しいことに思う。切り離したとしても読み取れるのは「サマー・ステーション来てね♡」だ。切り離せていない。

だけどそんな曲中、 途端に少年時代のセピア色の夏休みの思い出を懐かしむような切なさに満ちてくる。"いつまでも いつまでも 今を忘れない" あたりから、もう胸がきゅっと締め付けられてしまう。そして "いつかこの景色も あの蜃気楼のように ゆらゆらと 静かに消えてくけど" と続く。やめてくれ…こういうの大好きなんだ…。そのまばゆい夏の真っ只中にいる彼らにこれを歌わせるなんて罪深くて、泣きながらグッジョブしてしまう(それに平野くんの眉毛の切なさと言ったら、ほんと何者なんだあんたは)。
その後も、また会えるその日までお互いに同じような夢を見てる保証なんてないのにさ…だけど彼らは駆け抜けてゆくしかないわけで。なんだか、彼らの今しか見れない輝きとその儚さが見え隠れするようで、少しどきっとしてしまう。

というのは、すぐにアイドルを尊くしたがる私の勝手な感傷でありまして。この曲はもともとイベント用の曲であって、恋愛の歌とか応援歌でもない曲だというところにもう一度戻ります。
そんな曲を、彼らは笑顔で全力でかっこよくみせてくれる。どんなアウェイな場所でも、もうキラッキラ。かっこいい。特に意味の読み取れない宣伝用な曲を、その場所ではないステージで、そんな背景を感じさせず、ひとつの曲として、そんなこと知りませんとでも言うように、さも何事もなかったように全力でパフォーマンスする、かっこよく見せる、そういう状況、物語にきゅんと動かされてる。そんな気がする。私は彼らに何を求めているんだろうか。なんだか罪悪感が込み上げてくるが、ときめいてしまっているものは仕方ない。こういうところが好きです。

ごちゃごちゃ言ったけど、彼らのキラキラの前で私の脳は無力なのでパフォーマンスを見てるときはただただ圧倒されてます。しかしその後、こんな風に考察めいたことをすると更に好きになるので、これからもやめないと思います。どうぞよろしくお願いいたします。